FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

吉田潤喜さんの講演会

2011.07.05 14:56|学ぶ
6月29日に、ミヤコハイブリッドホテルで開催された「吉田潤喜さんの講演会」に参加してきました。

吉田潤喜さんは、波乱万丈のアメリカ生活をサバイブした末、自家製秘伝のタレをベースにしたヨシダソースを生産販売してアメリカンドリームの体現者となった方だそうです。私は初めて名前を聞いたのですが、2005年にはNewsweek誌「世界で最も尊敬される日本人100」に選ばれたほど有名な方なんですって!(@吉田潤喜ストーリー

会場に現れた吉田さんはカウボーイハットを小粋にかぶり、気取らず気さくなおっちゃんという感じ
アイスブレイクなんて必要ないほど瞬時に聴衆を自分のペースに引き込む話術はお見事!
「成功話より失敗話をします」という前ふりで、ユニークかつ軽やかに、しかし時に熱く親しみやすい関西弁を自在に操って大いに語ってくれました。

私の心に残ったフレーズを一部ですが紹介しますね!
「人生はジェットコースター」「調子に乗ったら落ちていく」「なにくそー」
「ドアは一か所だけにあるのではない」
「死んでもやる」、「やりたい」ではなく「やる」、熱いパッション
「過去にもお宝がある」
「バスに乗る」
「バスを押してくれる人が現れる」
「ブラックホールのように気が集まる」

お話も興味深く面白かったのですが、一番印象に残ったのは最後の試み。
演台の上においたペットボトル(500cc)を聴衆の気(念?)で吹き飛ばそうというもの。
吉田さんに導かれるまま、胸の前に両手をかざし、絶対ペットボトルが飛ばすぞ~という勢いでペットボトルめがけて気をおくりました。

結果は・・・・ピクリともしませんでした^^;

全員で真剣に気をおくれば飛ばせるはず!そう信じて疑わなかった私。
でも、一緒に参加した友達二人は「飛ぶはずがない」と思っていたんだって。

吉田さんも「飛んだらこわいよね~」とニンマリ
でも「飛ぶと信じていた人にはバスを押してくれる人が集まるよ」と嬉しい言葉を残してくれました。

自分の内側にエネルギーが不足している時、さらにパワーをつけたい時、講演会などで外からの刺激を受けるのも一つの手かもしれませんね。印象に残ったことを何か一つでも実践してみようと思います。




スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

| 2018.08 |
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

kumiyo

Author:kumiyo
Welcome to My Sweet Home!

夢を叶えるための名言



presented by 地球の名言

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

リンク

RSSリンクの表示

検索フォーム

LA Time

Japan Time


by Animal Clock

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

最新トラックバック

  • ページトップへ
  • ホームへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。